抗酸化とうるおいキープで若々しく

エイジングケアというと、見た目の若さをできるだけ若く見せることと理解されているようですが、これは言い換えると、体を構成している細胞を錆びさせないということです。

錆びないとは要するに細胞が酸化していない状態です。

エイジングケアのポイントは、細胞が酸化する前に酸化の原因となる物質を体の中から取り除くことと言っていいでしょう。

もちろん、できるだけさびの原因となることを避けることが一番です。

それは紫外線やストレス、喫煙、加工食品に含まれる有害な添加物などです。

細胞の酸化は老化の原因となるだけでなく、さまざまな病気の原因となることがわかっており、細胞の酸化を防ぐこと、つまり、抗酸化がエイジングケアのキーワードと言ってもいいでしょう。

もう一つ、エイジングケアに大切なポイントは水分補給です。

年齢より老けた印象を与えるものとして目じりのしわやほうれい線、まぶたやほほのたるみ、シミなどがあげられますが、これらのほとんどに乾燥が関係しているのです。

人間は生まれたての赤ちゃんであれば7割以上が水分ですが、その後年齢を重ねるごとに水分が減っていき、60代に入ると6割を切るとも言われています。

水分が失われればしわになるというのは人間に限った話ではなく、果物や野菜がそうですね。

細胞と細胞の間の水分を抱え込むセラミドやヒアルロン酸の生成を衰えさせないことと、適切に水分を補ってあげることがエイジング慧可のポイントでもあるわけです。

だからこそ良質な天然水をこまめに飲んで常にうるおった状態をキープしておきたいものです。

大量に水分補給しても体表面から蒸発してしまうので、内臓がじっくりと代謝できる量をこまめに補給することでいつまでもみずみずしく輝くお肌を実現できるのです。

若さの秘訣は水分補給ということも常に意識しておきましょう。