平均寿命と健康寿命について

2015年の日本人の平均寿命は女性87.05歳、男性80.79歳で、男女とも過去最高を更新しています。

これは日本の医療水準の高さと、伝統的な日本食が健康を支えているからと推察されます。

しかし、平均寿命はいくつまで生きられるかを意味するものであって、ここには日常生活に何の支障もなく人生を楽しんでいる人もいれば、寝たきりで介護サービスなくしては生活が成り立たない方たちも含まれています。

「健康寿命」という言葉を最近よく耳にしますが、これは日常生活において医療や介護サービスを継続して受けることなく自立した生活が送れる期間のことです。

2015年の日本人の健康寿命は男性が71.11歳、女性が75.56歳です。

つまり、男性で約9年、女性では11年間は医療や介護サービスが必要であり、この期間は日常生活を自立して過ごすことができないということです。

この健康寿命という考え方は、いくら長生きしても寝たきりになってしまったり、体のどこかに不自由があっては人生を楽しむどころが、介護する人の負担増、医療費の増大などさまざまな問題が露呈するということをふまえて、最後まで自立した人生を送れるようにとの考え方に基づいています。

では、なぜ平均寿命と健康寿命にこれだけの期間の差が生じるのでしょうか。

これは生活習慣病が大きく関係しています。

人間は長年生きてきて身に着いた習慣をなかなか変えられないものです。

悪い習慣だと頭ではわかっていても、「オレは大丈夫だろう」とか今のところ特に変化はないしなどと勝手に良い方向に解釈してしまうのです。

タバコは悪いとわかっていても、「オレのじいちゃんは毎日2箱タバコ吸ってたけど、90歳まで生きたしね」なんて言う友人がいましたが、こんなのも典型的な例です。

食べ物の好き嫌いや嗜好も子供のころの食習慣が大きく関係しています。

野菜をほとんど食べず、加工食品や肉類中心の食生活を長年続けた結果、脳血管系の病気やガン、糖尿病などにかかるリスクも高まります。

病気になるまで自分の悪い生活習慣を改める方は少なく、倒れてみて初めて自分の悪い生活習慣を反省する方が多いのですが、それでは遅すぎるのです。

ただし、日本の医療水準は世界トップクラスといってもいいので、重大な病気にかかって寝たきりになったとしても、命は助かるのです。

こうしたところに平均寿命と健康寿命の差が生まれるといていいでしょう。

人生の最後の瞬間までできるだけ自立した人生を送りたいと思うならば、毎日の食生活や運動の習慣など生活習慣全般に配慮が必要だということになります。

 

 

 

ウォーターサーバーならラクラク水分補給

ここのところ、自分のカラダが重くて、何をするにも億劫になっていました。

ビタミン剤のCMで女優さんが朝ベッドから起きるシーンで「カラダがおもだる?い」なんて言っていましたが、まさにそんな感じなのです。

このままだと、あんまり外にも出る事もなく、引きこもりになってしまうのではないかと自分でも心配になっていたので、プールとかウォーキングとか何かカラダを動かそうと友達を誘ってみました。

「ねえ、運動不足だから、プールでも行ってカラダ動かそうよ」

と声をかけると

気持ちよくOKでした。

でもよく聞いてみるとそれは、やりたくない、という意味のモノでした。

「でも、たまにはカラダ動かすのは、気持ちいいよ!」

ともう一声かけてみると

「うん、それはよ?くわかっているんだけどね…」

なんだかこれ以上誘ってしまうのは、コレからの関係にも影響が出るような気がして、

「じゃあ、今度は買物でも誘うね」と言ってその会話を終了させようとしたら

「私さ、今まで運動って、学校の体育以外やった事ないんだよね?。部活も全然やらなかったし、学校のマラソン大会とか、大嫌いだったし」

確かに彼女とは幼なじみで運動やってるところを見た事がなかった。

なぜ彼女を誘ってしまったのだろうか、とさえ思ったのです。

確かに、彼女が運動してるところって、あんまり見た事なかったように感じましたので、一度謝ってから気分転換にどうかと誘ってみて、汗をかいてその後に良質の天然水で水分補給をすることの大切さを説毎したのです。」

すると彼女も「まあ、それもわかるんだけどね」

と言いました。

どうしたんだろうか、彼女、運動やりたくないわけではないのか?

「ひょっとして、何かあった?」と聞いてみると

「いや、特にないんだけどさ…これまで全然運動していなくて、これからもしない、っていうのもありだけど、声かけられて、運動してみるっていうのもありかな?って思えたの」

「んじゃ、やろうよ。歩くのでも良いし、身体を動かす事を…」

「そうだね」

ということになり、彼女ととりあえず週に一回は近所の公園を歩くことになりました。

なんだかんだ言いつつも、彼女がその気になってくれたのを嬉しく感じました。

今まで運動をした事がなく、運動をする気もない人は、運動に対して特別な思いがあるようで、まず形から、と言って、上下のジャージとウォーキングシューズを購入していました。

彼女、案外楽しみにしているようで、リュックと水筒も買ったそうです。

「水筒にはいい水を入れてきてね」と言って、お水の大切さを説明しました。

すると彼女もどんなお水がいいのかわからないようだったので赤ちゃんにも安心のウォーターサーバーを紹介しました。

ウォーターサーバーなら水分補給にあまり知識のない彼女にピッタリのアイテムですからよかったと思っています。

8か月の赤ちゃんもいるので、赤ちゃんにも安心のウォーターサーバーを上手に活用してほしいですね。

年齢相応の美しさと水分補給

夜中にトイレに行くことを嫌がる方は、夜寝る前に水分を摂ることを避ける方もいるかと思います。

でも、これは健康面を考えれば、あまり歓迎できるものではありません。

寝ている間にも200ミリから400ミリ程度の水分が体外に放出されますから、寝る前にコップ1杯程度はお水を飲むようにしましょう。

水分不足によってリンパ液や血液がドロドロになり、起床後に脳卒中や心筋梗塞となるケースもあるのです。

健康食品をいろいろと検討してみたり、健康番組で健康に関するノウハウと勉強するのも大切ですが、何といっても健康的な生活の基本と言えるのが水分補給です。

青魚はサラサラ血液のためにとっても役に立つといわれていますが、どんなに意識して青魚を食べていても水分が不足していたり、塩分の多い食事ばかりであれば、血液はドロドロになるものです。

健康のためにも水分補給は常に心がけておきましょう。

私自身、40代に入って健康については以前と比べてかなり意識するようになってきました。

若いころ、20代後半くらいまでは夜遅くまでお酒を飲んでいたり、カラオケボックスで遊んでいたりということはよくしていましたが、最近では無理が利かなくなったと自覚しています。

気持ちはまだまだ若いつもりでいたのですが、体は確実に甥に向かっているのだと感じることもあり、少し寂しくもあり、でも人生とはこういうものだと思うようにしています。

年をとることを恐れる人もいるようですが、私はエイジングケアは年齢相応の見た目を保つという基本的な考えをするようにしています。

年齢より無理に若く見せようとは思いませんし、年齢より老けて見せないというのが私のエイジングケアです。

40歳なら40歳なりの美しさはありますし、50代なら50代の美しさってあると思うのです

抗酸化とうるおいキープで若々しく

エイジングケアというと、見た目の若さをできるだけ若く見せることと理解されているようですが、これは言い換えると、体を構成している細胞を錆びさせないということです。

錆びないとは要するに細胞が酸化していない状態です。

エイジングケアのポイントは、細胞が酸化する前に酸化の原因となる物質を体の中から取り除くことと言っていいでしょう。

もちろん、できるだけさびの原因となることを避けることが一番です。

それは紫外線やストレス、喫煙、加工食品に含まれる有害な添加物などです。

細胞の酸化は老化の原因となるだけでなく、さまざまな病気の原因となることがわかっており、細胞の酸化を防ぐこと、つまり、抗酸化がエイジングケアのキーワードと言ってもいいでしょう。

もう一つ、エイジングケアに大切なポイントは水分補給です。

年齢より老けた印象を与えるものとして目じりのしわやほうれい線、まぶたやほほのたるみ、シミなどがあげられますが、これらのほとんどに乾燥が関係しているのです。

人間は生まれたての赤ちゃんであれば7割以上が水分ですが、その後年齢を重ねるごとに水分が減っていき、60代に入ると6割を切るとも言われています。

水分が失われればしわになるというのは人間に限った話ではなく、果物や野菜がそうですね。

細胞と細胞の間の水分を抱え込むセラミドやヒアルロン酸の生成を衰えさせないことと、適切に水分を補ってあげることがエイジング慧可のポイントでもあるわけです。

だからこそ良質な天然水をこまめに飲んで常にうるおった状態をキープしておきたいものです。

大量に水分補給しても体表面から蒸発してしまうので、内臓がじっくりと代謝できる量をこまめに補給することでいつまでもみずみずしく輝くお肌を実現できるのです。

若さの秘訣は水分補給ということも常に意識しておきましょう。

水分補給で健康維持

日本は国民皆保険制度のために気軽に医療サービスが受けられるという一つのメリットがあります。

ただ、この制度も一見とても素晴らしいように思えて、実はさまざまな問題が露呈してきています。

例えば、少しでも体のどこかに不調を感じれば、医師の診断を受けて大きな病気の前兆を早期発見できるという利点はありますが、一方で病院に行くほどでもないのに何かと病院を訪れて医療費を膨張させているという指摘もあります。

代表的な例でいえばお年寄りが病院を一種の社交サロンのような使い方をしているケースです。

平日の午前中に病院を訪れると待合室には多くの老人であふれており、楽しそうに老人同士が会話している光景に出会えるはずです。

重い病気の前兆であるのにお金がないから病院に行きたくてもいけないという状況はあってはならないことです。

しかし、特に体に大きな不調を感じるわけでもないのに病院にかかるというのはいかがでしょうか?

病気になる前に自分でしっかりと健康管理して病気の予防をすることが大切です。

60歳を超えれば誰もが体のどこかになにがしかの不具合を感じるものですけれども、日ごろから食生活や運動など、生活習慣に気をつけていれば60歳を超えた時の体調にも大きな差が出るものです。

若いうちは多少の無茶をしても何とも感じませんし、何も感じないからそこで暴飲暴食、喫煙といったよくない行動を繰り返してしまいがちです。

でもやはり30歳を超えたあたりから自分の生活習慣をしっかりと見つめなおすことが大切です。

そして病気予防としてぜひ心掛けていただきたいのが良質な水分補給です。

天然ミネラルをバランスよく含み、水の活性も優れている良質の天然水を毎日の生活の中で水分補給の基本として飲むようにしましょう。

そのためにもおすすめなのがウォーターサーバーです。

ウォーターサーバーを設置することでお水をこまめに飲む習慣になりますし、お水もおいしく鮮度をキープできるので健康維持を意識して水分補給するにはとても便利なアイテムです。

ぜひご検討ください。

本当の美しさを得るために

近頃よく耳にする「エイジングケア」という言葉ですが、解釈とイメージはいろいろあるようですね。

一般的によく聞くのは年齢よりも若く見られるためにさまざまな処置をすることと理解されているようです。

美容というのは時代背景も大きく関係していますし、どういうところに美しさを感じるかは人それぞれの価値観に根差すところも多々ありますが、このサイトでは多くの方に美しいと思われること、また、内面からの美しさ、つまり、健康であるからこその美しさにもこだわりたいと思います。

ここでいう健康とは肉体的な意味のみならず、精神的にも健康であることを意味します。

つまりストレスフリーであるからこそのイキイキとした表情、その表情があってこその輝くような美しさです。

これは化粧品やエステサロンでどうこうするというものではなく、普段からの生活習慣や仕事とプライベートの充実もキーポイントになってくるでしょう。

つまり、本質的な美しさというのはある一面だけを磨くことではなく、あらゆる要素が複雑に絡み合い、相乗効果の結果として表面に現れるということです。

他人が見てわかる美しさというのはその人の普段の生活習慣、食生活、仕事上の立場、プライベートの状況などがすべて絡み合っているということなのです。

ですから、このサイトでは一般的な美容ノウハウの域を超えたところまで話題が広がっていくでしょう

エイジングケアに役に立つ化粧品や美容器具、エステサロンなどの話題だけでなく、美しさの基本となる生活習慣を見直すポイント、栄養バランスを考えた食事、運動のポイント、そして精神的に輝くための様々な話題も取り上げたいと思っています。

自分を輝かせるための方法は化粧品や美容器具、エステサロンばかりでなく、他にも様々あるのだということをご理解いただきたいと思っています。

そしてこれは自分にもできると思ったことはすぐにでも実践を始めてみましょう。

何もしないで、何も行動しないで今の現実が変わることはなく、すべては自分自身の行動に現状打開のキーポイントがあるということを常に意識しておきましょう。